© 2019 YUSUKE WAKATA

Show More

Berlin made out of Berlin

2018 900×4000(mm)

paper

自分が街に介在することで街と自分の関係性、またそこに存在するディストピアを表面化するサイトスペシフィックアート。

 

ベルリンに落ちている様々な種類の紙を拾い、そのピースの集合体によってベルリンの地図のフォルムを生み出した。無造作に散らかっているゴミの中でも、大量に消費される紙ーーチラシやファーストフード店の包み、雑誌などは、建物や人々が絶えず入れ替わるスクラップアンドビルドの象徴である。そのようなピースの集合によって生み出された抽象的な色彩は都市のカオスであり、その中で増殖する花びら型のピースは、街という存在の不確実性ーー言うなれば"吹けば散りゆく花びらのように繊細な様"ーーを表現している。

この作品はベルリンの壁に貼り付けた後、市の清掃によりゴミと化した。

Show More

Although the environment of the city always influences us and interacts with us, the existence of the city itself is conceptual and can not be grasped. Meanwhile, I asked myself, how to represent this sense of incongruity that I perceive while staying in Berlin. This work and its process are contemporary

Relational art capturing such an abstract sense.

I picked up various kinds of paper from the street in Berlin, and created a berlin map form by assembling the pieces. Among Berlin trash that is scattered indefinitely, paper that is consumed in large quantities are symbols of scrap-and-build buildings and people that are constantly changing. The abstract color created by collection of pieces is the city's chaos, and the petal-like pieces which are growing in it represent the uncertain existence of the city. In other words, "The city is fragile like the assembly of flowers scattered ".

Other countries