© 2019 YUSUKE WAKATA

Made out of...

2018-2019

様々な国の紙ゴミを収集し、その国や都市のマップを型どった彫刻を制作するシリーズ。

​都市の断片としての紙ゴミ。それらを自らの手で切り、折るという作業を通じて制作された彫刻は、ストリートアートとして街にゲリラ的に出現させる。

しかし当然、それらは市の清掃や雨風によって、せいぜい一週間程度で街のゴミへと返っていく。

ゴミという街の断片が彫刻へと変貌し、その後街へ消えていくというプロセスの後に残るのは、自分が折ることに費やした時間とその記憶のみである。

それはまさしく都市における悪しきスクラップアンドビルドそのものだが、崩れていくマップ(国境)は、その自然物としての形状を取り戻していくようにも見える。

China made out of China

2019 Various size

paper

Show More

These works are the series of sculptures made out of paper trash.

I think various kind of paper trash which we can find on the street are the piece of "town". I cut and fold them by my hands, then i hang works on the street like a guerilla.

But of course it will be rubbish again due to rain, wind or city cleaning.

There is only "time" and "memory" left after those process that making sculpture from piece of city, being broken and going back to the city.

This is a metaphor of our “Scrape and build-up”. And we can see the primitive shape of our border of each country as nature.

Show More

America made out of America

2018 900×4000(mm)

Show More
Show More

Berlin made out of Berlin

2018 900×4000(mm)

paper

Show More
Show More

UK made out of UK

2019 900×4000(mm)

paper

Show More

Manhattan made out of Manhattan

2018 900×4000(mm)

paper

Show More
Show More
Show More