© 2019 YUSUKE WAKATA

City of Contemplation

Show More
Show More

上海 朱家角のアーティストインレジデンス、タイガーハウスに設置されたコミッションワーク。朱家角は上海の中心地から40km離れた水郷の街として知られているが、その美の背後には無数の廃墟と新しいマンション建設が同時に存在する。私は、それらの廃墟やゴミ処理所から集めた木材約400本を、都市のビル群のように集積させることで思想空間を制作した。思想空間というアイデアは、東洋思想研究を行う現地の様々なアーティストとの対話から生まれたものである。多種多様な木材に囲われた空間は都市の縮図のようであるが、廃材として朽ちてゆく様は無常そのものであり、彼らが言うところの"Aware of awareness itself"(意識そのものを意識する)ための空間が立ち上がっている。

2019 

Zhujiajiao is famous as a water capital 40km far from the center of Shanghai, but nowadays there are countless ruins and new apartment construction works behind the beauty. The experience staying such town inspired and guided me to create this contemplation space. The work is constituted like buildings growing in a city, made of 400 pieces of waste wood collected from ruins and trash disposal site. And the form of ​this ​contemplation space was devised and advanced through talking with artists who is researching east philosophy in this town. 
In spite of the space surrounded by wide variety of wood is like a microcosm of the city, I feel as waste wood certainly telling us the mutability of human being. So this work can be say suitable to contemplate for "awareness of awareness itself".

​街の沈思

Show More