© 2019 YUSUKE WAKATA

Show More

Natural Chair

私たちが“物” と捉えている存在は、それがどういう存在であるか既存の情報の中で規定することで成り立っている。しかし、それらの存在は人間の知覚の幅を考えれば、非常に狭い構成要素でしかない。私は、既知と未知の境界線上にある椅子を作ることで、人間の根源的感覚を刺激する作品を生み出したいと考えた。この椅子は彫刻のようでありながら、人が座ることに耐えうる設計になっており、その座り心地は河原の石ころに座るような心地よさがある。この椅子に座る、ということが、日常の中の“椅子”という物体を再考するための芸術体験となる。

Show More

The existence that we regard as an "object" consists of defining what kind of existence it is in the existing information. However, their existence is only a very narrow component, considering the breadth of human perception. I wanted to create a work that stimulates the fundamental sense of humanity by making a chair on the border between known and unknown. The chair is designed to withstand the sitting of a person, and the sitting comfort is like sitting on a stone of the riverbank. Sitting in this chair is an artistic experience for rethinking the object of "chair" in everyday life.

Wood, Screw

2015 560×490×720 (mm)

Show More

座りながら座面の接合を行っているため、

見た目からは想像できほど座り心地が良い。

接合はビスで行い、ビスのための穴は埋める。一見どのように接合したかわから​ないようになっている。

This work is joined based on calculation, so you can sit on it comfortably.

You can’t find out how the materials are joined from the appearance.