© 2019 YUSUKE WAKATA

Show More

The cock

2019 

制作協力:金澤佐和子

六甲山で毎年行われる「六甲ミーツ・アート芸術散歩2019」への出展作品。

六甲山の数カ所に、神功皇后が金の鶏を埋めたという伝説がある。その鶏は村に災いが起こった際にしか掘り出してはならず、埋められた場所に腰掛けた村人に災いが降りかかったとも言われている。この作品はその金鶏伝説をモチーフとしながら、空間全体を取り込んだインスタレーションである。
この作品は一枚一枚手で折られたプラスチック製の花びらの集合体によって制作されており、その異常とも言える量(時間)の集積が伝説や伝承というものに我々が持つ根源的"畏怖"を想起させる。しかし同時に、池に配置された断片的抽象彫刻の不完全さが、我々の日常における伝承•伝統の脆さや儚さ、そのメタファーとして空間を支配し、一種の現代の姿として鑑賞者の前に立ち現れる。

"The cock" was made for Rokko Meets Art 2019. 

The Rokko mountain, where the place of "Rokko Meets Art", has a legend that the gold cock was buried and we can dig up only when the disaster happens. This work was inspired by its story.

A large quantity of gold plastic flowers, cut and folded by my hands, express our primitive fear to traditions or legends − like a lot of tide omikuji (fortune) in Japanese Shinto shrine. On the other hand, imperfection of abstract sculptures on the water surface are the metaphor of what our emotion to traditions, legends or mythologies we are forgetting in urban cities.

Show More
Show More
Show More
Show More

Photo by TOSHIYUKI HIRAMATSU

Show More

期間中は来場者と小舟で作品を遊覧する企画を行った。作家の解説付きで鑑賞することで作品や展示場所の歴史を知りつつ、池の景色も楽しむことができるワークショップとなった。

​ワークショップ「小舟に乗って作品を鑑賞しよう」

Show More

The cock on Taiko-no-yu

Show More
Show More
Show More
Show More

Photo by TOSHIYUKI HIRAMATSU

2019 

Reserch

Show More
Show More
Show More